努力は夢中に勝てないのか?



『努力』と『夢中』に相対的な関係は無いのですが、物事に取り組んだり進めたりする時にあえて『努力』と『夢中』を比べるとすると


僕は『努力』は『夢中』には勝てないと思っています。


『努力』をしているということは、そこには頑張りがあります。


『頑張る』という事が悪い事ではないのですが、頑張っている事ってどうしても途中で辛くなったり、苦しくなったり、疲れたりしがちなんですよね。


でも『夢中』は、その物事に没頭し集中しているので、辛い・苦しい・疲れを感じにくく、なにより夢中は楽しんでいるので、長く続けることができます。


だからこそ、『努力』は『夢中』には勝てないんですね。



では『努力』は無駄なのかというと、そんなことは全く無いと思っています。


なぜならば、どんな物事でも最初は努力や頑張りから入っていくからです。


それが楽しいことや、夢中になれることなのか?


もしくは自分には合わないと思ったり、苦手だなと感じるのか?


これはやってみないと分からないことです。


だからこそ、やったことのない事にチャレンジすることは、最初は努力や頑張りが必要になってきます。


そして、やってみた『努力』が、いつしか『夢中』に変わっていくこともあります!


これは、昨今の『やりたい事が見つからない』という人にも当てはまります。


少し極論になりますが『やりたい事が見つからない』のは、『まだやりた事に出会っていない』からです。


出会っていないということは、出会うほど行動をしていないからです。


ということは、『やりたい事』を見つける方法は、とにかく色んな事をやっていき、その中で自分が夢中になれることが見つかると、それが『自分の本当にやりたい事』なんだと気づくことができます。


逆を言えば、行動しない限り『やりたい事』は見つかりません。


何も考えず、何も行動していないのに、『やりたい事』の方からあなたに近づいて来てくれることは無いのです。


『やりたい事』は無いよりあったほうがいいです。


それは目標になり、モチベーションになり、ワクワクになります。


でも矛盾するように感じるかもしれませんが、『やりたい事』なんて無くてもいいんです。


今は無くても、必ず見つかります。


これから自分が夢中になれる『やりたい事』が無限に広がっていると思うと、それだけでワクワクしてきませんか?


もし今回のブログで、少しでもあなたの行動に繋がっていけたら、めっちゃ嬉しいです!


ではまた!

お得な情報が受け取れるLINE友達登録はコチラ
https://line.me/R/ti/p/%40979ajmkc


前の記事

才能とは何か?

次の記事

やりたいことの見つけ方