ビジョンがあると生きやすくなる


『ビジョン、ありますか?』


突然誰かにこう聞かれたら、あなたは即答えられるでしょうか?


いきなり身もふたもない事を言ってしまいますが、『ビジョン』は無くても、働けるし・ご飯は食べられるし・生きていくことはできます。


ですので、ビジョンは持ったほうがいい・持つべきだ・持ってない人はおかしい、と言うつもりは全くありません。


ビジョンを持っているから、『良い』『悪い』という事でもないです。


ですが、自分の人生を生きていく上で『ビジョン』があると

  • ビジョンを叶えるための行動が明確になる
  • 選択・判断・決断がしやすくなる
  • 人生の充実感を感じる
  • 自分の人生を生きていける


などなど、『生きやすくなる』と僕は実感しています。


ただ、あまりにも『ビジョン』という言葉に引っ張られすぎると

『そんな大きな夢は自分にはない』
『毎日を過ごすだけで精一杯』

と、自分自身でブレーキを掛けてしまうこともあります。

「意識高い系」
「現実を見ろ」

などと、他人から揶揄されることもあるかもしれませんが、こちらはガン無視でいいです。


『ビジョン』という言葉がイメージがしづらいようであれば

  • 目的
  • 目標
  • 叶えたいこと

でも、大丈夫です。


本来なら、ビジョンも夢も目的も目標も叶えたいことも『小さい・大きい』は無いのですが、今現在で、これらがまだ見つかっていない人や、ぼんやり見えて入るけどはっきりしていない人などは、はじめの一歩として、あえて『小さい』ところから考えてみるといいです。


例えば

  • 早起きしたい
  • 欲しい物がある
  • 転職したい
  • 本を一冊読み切りたい


もしくはあえて『大きく』でもいいですね。

  • お金持ちになりたい
  • 幸せになりたい
  • 誰かの役に立ちたい
  • 海外に行きたい
  • 人前で話せるようになりたい


どうでしょうか?


こう考えると、あなたにも『小さい・大きい』に関わらず、1つや2つぐらいは、自分のビジョンや夢や目的や目標や叶えたいことが出てきませんか?


ちなみに、『小さい・大きい』はその人の価値観による勝手な判断基準なので、Aさんから見た基準とBさんから見た基準では全く違ってくるので、そもそも『小さい・大きい』に囚われずに、自由に考えましょう。


ビジョンも夢も目的も目標も叶えたいことには、正解も間違えもありません。


気をつけなくてはならないのは、『そのビジョンは手段なのか目的なのか?』です。


例えば、『お金持ちになりたい』は立派なビジョンだと、僕は考えています。


ただし本当に考えなくてはいけないのは、『お金持ちになりたい』は手段でしょうか?目的でしょうか?

  • なぜ、お金持ちになりたいのか?
  • お金持ちになって何をしたいのか?
  • そのお金で何を買いたいのか?
  • なぜ買いたいのか?
  • 何をもってお金持ちとするのか?


深堀りして考えることはたくさんあります。


こう考えると『お金持ちになりたい』が『良い・悪い』ではなく、あくまで手段にしかならないことが分かります。


また、僕がコーチングなどで多く聞く答えの一つに『誰かの役に立ちたい』という声を聞きます。


こちらも『他社貢献』としてとても素晴らしいのですが

  • 誰かって誰?
  • 役に立つって何?
  • 何をするのか?
  • なぜ、誰かの役に立ちたいのか?
  • その時のあなたの心は何を感じている?


と、深堀りをしていくことで『誰かの役に立ちたい』という想いも、やはり手段であり目的やビジョンではないことに気づいていきます。


この様な、自分の内面に向き合い深堀りしていくことは、一朝一夕でできることでもないですし、練習が必要です。


時間もかかります。


しかしそれでも、自分の人生を自分らしく生きていくために、自分の『ビジョン』を明確にしておくことは、とても価値あることだと僕は思います。


『ビジョン、ありますか?』


こう聞かれたときに、即答えられるようになっていると、自分の人生が生きやすくなりますよ!


ではまた!